頭痛について

頭痛に悩む人の割合

頭痛に悩む人の割合

◎頭痛について

目の奥が痛い
だれでも一度は経験したことがあるであろう頭痛、その原因にはさまざまな理由が考えられます。
身体的要因か精神的要因かで痛みの種類も変わってきますし、人によって痛さの度合いも違ってきます。
それらに共通していることは体の中でなんらかの異常が発生していて、それを痛みというシグナルで脳に伝えているという事です。

二日酔いなど理由がハッキリとしているものなら横になって休んでいるだけで治まるでしょうが、何が原因で頭が痛くなっているか分からないという場合は病院で問診してもらったほうが良いでしょう。
これは頭痛だけに限らない事ですが、しばらくして痛みが治まったからといって放置しているとそれが思いがけない病気の原因となってしまう事もあります。
なので痛みの度合いによらず一度はお医者さんに詳しい診断をしてもらうのが一番ではないでしょうか。
しっかりと検査を受けることでしか分からない病気もありますし、脳梗塞やくも膜下出血などの重い病気の早期発見にも繋がります。
ただの頭痛だと思ってほったらかしにしないように気をつけましょう。

こめかみが痛い
しかし、なかなか病院に行く時間が取れない忙しい人も多いことかと思います。
日本は頭痛の多い国としても知られており、働き過ぎによる精神的疲労やストレスが原因の一つとも考えられています。
そのため病院に行く時間が取れずさらに症状が悪化してしまうといった悪循環に陥ってしまっています。

そんな時にお世話になるのが市販の頭痛薬や鎮痛剤です。
当サイトをご覧になっているほとんどの人がバファリンやイブなどの薬を飲んだ事があるのではないでしょうか。
痛みを治めてくれる頭痛薬は今や日常生活において必要不可欠な存在となっていますが、症状によってはあまり効果を発揮しない場合があります。
それは薬にはそれぞれ特性があり症状によっては得意不得意があるからです。
また軽い症状にも関わらず非常に強い劇薬を飲み続けていると副作用によるリスクを伴う場合もあります。

薬局には様々な頭痛薬や鎮痛剤が販売されていますが、『どれを買えばいいか分からない』『とりあえず知ってる名前のやつを買っておこう』と安易に考えて購入してしまった経験があるのではないでしょうか。
当サイトでは市販薬の特性と症状による選び方を難しい専門用語などは使わずに説明しています。
当サイトが適切な薬を選ぶための手助けとなれば嬉しいです。