季節の変わり目が原因となる頭痛

   2015/10/16

なぜ季節が頭痛の原因となるのか

季節の変わり目
日頃は頭痛と関わらない人でも季節の変わり目だけはよく頭痛になるという方も少なくありませんね。
実は季節の変わり目というのは頭痛になりやすい環境だと言えます。
頭痛というのは頭の周りにある血管がなんらかの理由で広がり神経を刺激して痛みを発しますが、季節の変わり目というのは気圧や気温が不安定になるためその影響で血管が膨張して頭痛が起きやすくなります。
また入社、異動、入学など季節の変わり目というのは生活環境にも変化が多く見られるので、そのため精神的な緊張から頭痛を引き起こす事もあります。

対処方法はどうすればよいか

季節の変わり目は頭痛になりやすいというだけで頭痛の種類としては偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛のどれかにあたります。
自分の頭痛がどれにあたるのかを判断して、それにあった対処法を取ると良いです。
下記ページを参考にしてみてください。
頭痛の症状について

予防方法はあるの?

暑い寒い
気圧や気温の変化に注意しましょう。
冷たい場所から暖かい場所に移動すると急激な温度の変化により脳血管が拡張し頭痛が起きやすくなります。
寒くなってくるとコンビニやデパートなどでは暖房が効き始めますが、その頃はまだ身体が温度の変化に慣れていません。
反対に暑い外から帰ってきてクーラーの効いた部屋に入るのも身体には良くありません。
なので、なるべくは温度差を減らすように心掛けましょう。
と言ってもお店の温度設定を変えるわけにはいかないので、外出する時は寒すぎない(または暑すぎない)格好をして温度差の変化に耐えられるように準備しておくと良いですね。
オフィスなどはクーラーを強すぎるくらいに設定していたりするので夏でもカーディガンを羽織るなどの予防をしてみてください。

生活環境の変化にも事前準備が必要です。
新入社員、人事異動など大きな変化は過剰なストレスから身体に悪影響を及ぼす事もあります。
そういった不安を事前に解消しておく事で結果的に頭痛を防ぐ事にも繋がります。

頭痛の予防として市販薬を服用したいのであればといった予防薬もあります。
どうしても症状が改善しないようなら試してみるのも良いでしょう。
市販薬では心配という方は医師に相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket