インフルエンザが原因となる頭痛

   2015/01/23

インフルエンザと頭痛の関係性

毎年必ず流行るのがインフルエンザです。
高い感染力を持つうえに少しずつ変異を続けているため以前の抗体では防げずに、人によっては年に2回以上感染する事があります。
そんなインフルエンザがもたらす症状の1つに頭痛が挙げられます。
これは体内に侵入したウイルスを消滅させるための身体の反応によるもので、ウイルスの排除に手間取ればその分だけ頭痛の症状も悪化していきます。
一般的にはインフルエンザが完治すれば頭痛も自然と治まります。

対処は的確に

肝心なのはインフルエンザを治すのが重要であって頭痛を解消しようとするのは良くありません。
インフルエンザの時に鎮痛剤のバファリンやアスピリンを服用するのは禁忌とまで言われています。
脳に深刻な影響を与えてしまうインフルエンザ脳症という重大な合併症を引き起こしてしまう恐れがあるからです。
これらの鎮痛剤は解熱剤としても服用されているため年間に100~200人ほどがこの合併症にかかっているようです。
特に5歳までの幼児に多いそうです。
そもそも高熱が出るのは、ウイルスを排除するために身体が引き起こしているのでその熱を下げてしまう事は回復を遅らせる事に繋がるのです。
結果として頭痛も悪化してしまいます。

頭の痛みを抑えるには

薬の使用は最小限に抑えて回復を目指します。
インフルエンザ時の頭痛対処法として最も適しているのは患部を冷やす方法です。
身体への負担も少なく、痛みを感じづらくする効果があります。

痛みが緩和されず我慢できないほどであれば、アセトアミノフェン系の鎮痛剤が比較的安全と言えます。
代表的なのはカロナールや小児用バファリンです。
※通常のバファリンはアスピリンが含まれているのでNG
イブやロキソニンは一応大丈夫という事になっていますが、グレーゾーンとも言えるので服用は自己責任で。
不安であれば医師に相談するのが一番的確でしょう。

インフルエンザ対策

まずはインフルエンザに感染しない事がなによりです。
予防法はうがい、手洗いはもちろんのこと、あまり知られていないのがこまめに水分を取る事です。
インフルエンザが流行するのは主に冬の乾燥時期です。
これはウイルスが乾燥を好むわけではなく、喉の粘膜が乾燥に弱いため喉が乾燥しているとウイルスの侵入を防げなくなってしまうからなのです。
適切な湿度を保っていれば喉の粘膜がウイルスを跳ね返してくれます。
つまりこまめに水分を補給して喉の湿度を適切に保っていればインフルエンザの感染を防げるというわけですね。

感染してしまった場合は検査の時に医師に相談してみると良いでしょう。
頭痛になりやすい事を伝えれば安全な頭痛薬を処方してくれるはずです。

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスが体内に侵入して、気管支や肺で増殖する事により発症する病気の事をインフルエンザと言います。
毎年冬が近づくとインフルエンザ患者が増え始め1月~2月をピークとし、徐々に減少傾向へと向かいます。
2009年以降は新型インフルエンザの出現により夏の時期にも流行しています。
症状の重さから風邪と明確に区別されています。
38℃以上の急な発熱や節々の痛み、倦怠感などの全身症状が強く現れ、それと同時に鼻水や喉の痛みなどの症状が見られる事もあります。
さらに症状が悪化すると気管支炎や肺炎を誘発する恐れがあり、乳幼児や高齢者の場合は死に至るケースも見られます。
新型インフルエンザだと危険性はさらに増します。
少しでも疑いがあれば直ぐに病院に行って適切な処置を受けるようにしましょう。

新型インフルエンザとは…

インフルエンザはもともと香港A型とソ連A型のA型インフルエンザとB型インフルエンザの3つが主でした。
これを季節性インフルエンザと呼びます。
しかし2009年春頃に豚を起源としたブタ由来インフルエンザが突如として現れ、いつしかそれが新型インフルエンザと呼ばれるようになりました。
(ブタインフルエンザだと豚肉が売れなくなってしまうから名前を変えろと何かしらの機関から圧力があったとか…)
症状自体はこれまでの季節性インフルエンザとさほど変わりませんが、大多数の人間が新型ウイルスへの免疫を持っていなかったため、感染被害が拡大し世界的大流行となりました。

薬に頼りたくない人は

頭痛の苦しみから逃れたいけど頭痛薬を飲みすぎるのも不安・・・、そんな方は頭痛予防のサプリメントを試してみてもいいかなと思います。サプリなら飲みすぎても大丈夫ですし、副作用の心配もありませんからね。

「頭痛予防 サプリメント」で探してみたところずきしらずの実というサプリがヒットしました。ハーブが主な成分になっているようです。

ずきしらずの実

北の快適工房

ずきしらずの実の効果と評判
ハーブで頭痛が予防できるのかなって気もしますが、セントジョーンズワートみたいに有名なハーブもありますのでバカにはできません。ちなみにセントジョーンズワートは西洋の弟切草と呼ばれる抗うつの効果があるハーブです。

サプリで頭痛が予防できるかは分かりませんが治ればラッキーくらいに考えるなら試してみる価値はありそうですね。一か月で頭痛薬を空にしてしまう、生活改善ではあまり効果が出なかった、頭痛が治るならなんでもチャレンジしてみたいという方は検討してみてはいかがでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket