チョコレートの食べ過ぎが原因となる頭痛

 

甘いチョコレートは危険?

chocolate

チョコレートの原材料を確認すると、砂糖 ⇒ カカオマス ⇒ 全粉乳 ⇒ ココアバター ⇒ レシチン ⇒ 香料となっています。製品によってはこれに繊維成分・ビタミン・ミネラル・油脂・テオブロミン・フェニニールエチアルミンなどが含まれます。

ここで注目してもらいたいポイントは原材料が記載されている順番です。原材料表示は原則として含有量の多い順番に記載する決まりがあります。ほとんどのチョコレートでは原材料表示の一番目が砂糖になっています。

手元にチョコレートがあるなら原材料表示を確認してみてください。

カカオマスは身体に良い

カカオマス自体はポリフェノールが豊富な植物で、抗菌化作用もあり身体にとって栄養となる原料です。しかし、カカオマスは苦みが非常に強いのでそのままでは食べられません。

その苦みを緩和するために砂糖で調整していたのが、いつのまにか甘さを求めてチョコレートを食べるようになってしまいました。

チョコレートのパッケージに記載されている栄養成分表を見てみると「炭水化物33g(製品によって異なります)」と記載されています。炭水化物は砂糖類と繊維成分と考えられます。チョコレート1枚に含まれる繊維成分は約3g程度なので、砂糖類は30gとなります。

ちなみにコーヒーに入れる白砂糖スティックは1本3gなので、チョコレート1枚は白砂糖スティック10本分になるということです。

食べ過ぎは禁物

チョコレートを少しだけ食べるつもりが気づくと1枚全て食べきってしまっていた、という経験はありませんか?甘くて美味しいのでついつい手が止まらなくなってしまうのはよくあります。「食べ過ぎちゃったな~」くらいに考えます。

しかしこれがもし白砂糖スティック10本だとしたらどうでしょう。それだけの量を一度に摂取すると「病気になりそう」と誰もが感じるはずです。コーヒーに入れる白砂糖スティックの量は多い人でも2~3本ほどです。それ以上入れている人を見ると少し引いてしまいますよね。

その白砂糖スティック10本分がチョコレートなのです。チョコレートを食べるなとは言いません。ひとかけらのチョコレートにどれだけの砂糖が含まれているかを意識してください。1回に食べる分だけを小分けしておけば食べ過ぎるということは無くなります。その意識が重要です。

生理のときにチョコレートを食べたくなる?

mag_nou

身体からマグネシウムが不足すると、それを補うためにマグネシウムを含むものを食べたくなります。その1つがチョコレートです。

女性は生理の周期に合わせてマグネシウム不足となります。自分では意識していなくても身体はこれまでの経験からチョコレートにマグネシウムが含まれていることを知っているので、脳から「チョコレートを摂取せよ」と命令が下ります。生理の時に無性にチョコレートが食べたくなる経験があると思います。

たしかにチョコレートにはマグネシウムが含まれていますが、砂糖の問題を考えるとチョコレートをマグネシウム補給の目的で食べるのは良い選択とはいえません。

マグネシウムはダイコンやニンジンなどの根菜類、モズクやヒジキなどの海藻類、にがりなど自然塩に多く含まれています。これらは砂糖のような害はないので安全にマグネシウムを補給することができます。サプリメントでも良いですね。

マグネシウム不足は頭痛の原因にもなります。これを機会に食生活を見直してみましょう。

薬に頼りたくない人は

頭痛の苦しみから逃れたいけど頭痛薬を飲みすぎるのも不安・・・、そんな方は頭痛予防のサプリメントを試してみてもいいかなと思います。サプリなら飲みすぎても大丈夫ですし、副作用の心配もありませんからね。

「頭痛予防 サプリメント」で探してみたところずきしらずの実というサプリがヒットしました。ハーブが主な成分になっているようです。

ずきしらずの実

北の快適工房

ずきしらずの実の効果と評判
ハーブで頭痛が予防できるのかなって気もしますが、セントジョーンズワートみたいに有名なハーブもありますのでバカにはできません。ちなみにセントジョーンズワートは西洋の弟切草と呼ばれる抗うつの効果があるハーブです。

サプリで頭痛が予防できるかは分かりませんが治ればラッキーくらいに考えるなら試してみる価値はありそうですね。一か月で頭痛薬を空にしてしまう、生活改善ではあまり効果が出なかった、頭痛が治るならなんでもチャレンジしてみたいという方は検討してみてはいかがでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket