白米・パン、白い食塩、白砂糖、三白の害に注意

 

三白の害

三白の害をご存知ですか?生活習慣病が騒がれるようになってからよく耳にするようになりました。三白とは3つの白を指しています。

  • 白米・パン
  • 白い食塩
  • 白砂糖

この3つの共通点はどれも精製していることです。玄米を精製した白米、小麦を精製したパン、サトウキビを精製した白砂糖。これらは味や見栄えを重視するために精製した結果、身体にとって大事なミネラルや栄養分が取り除かれてしまっているのです。

日本生活習慣病予防協会のホームページの一無、二少、三多にも「3つの白を控える」、「食物繊維を豊富に摂る」ことが重要と書かれています。

意識することが大切

害だとは言っても米やパンは主食ですし、塩や砂糖がない料理は味気ないですよね。決して食べるなと言っているわけではありません。害であることを意識しましょうということです。

精製して白くしていく過程で、頭痛予防にとっても大切な栄養素が失われています。三白を食べるときは「これだけでは栄養素が足りていない」という意識を持ちましょう。

三白を意識するうえで重要なポイントを以下にあげます。

白米・パン

白米は日本人にとって無くてはならない食べ物ですよね。だれでも1日1回以上は必ず口にするといってもいい食べ物です。食べる量を減らすのも大切ですが、精製するまえの玄米を取り入れるのも良いですね。お米を炊くときに白米と一緒に玄米を混ぜます。これだけでも足りなかった栄養素が補給されます。

パンも主食になりつつありますがあまり腹持ちが良いとは言えず摂取しすぎてしまう食べ物です。特に菓子パンは大量の砂糖が入っているので非常に高カロリーになっています。なるべく菓子パンは避けて、野菜やタマゴを挟んだサンドイッチにして栄養分を補給しましょう。

白い食塩

白い食塩とは塩化ナトリウムのことです。これは化学調味料の一種で腎臓に負担をかけてしまいます。一般的な食塩ではなくて、海水からつくる自然塩を使うと良いですね。

白砂糖

白砂糖は特に悪い食べ物です。食べ物を燃焼させてエネルギーに変えるためには5種類のビタミンB群が必要で、どれか1つでも欠けてしまうと燃焼せずに中性脂肪に変わってしまいます。

白砂糖はこのビタミンB群を破壊してしまうのです。なるべく摂取量を減らすように心がけましょう。

まとめ

なにも考えずに三白を食べ続けていると栄養のバランスが崩れ、次第に大きな影響を及ぼすことになります。頭痛を始めとしたさまざまな生活習慣病や体調不良に繋がります。是非ともこの機会に三白に意識を向けてみてください。

頭痛予防に大切なのは健康な身体でいることです。

薬に頼りたくない人は

頭痛の苦しみから逃れたいけど頭痛薬を飲みすぎるのも不安・・・、そんな方は頭痛予防のサプリメントを試してみてもいいかなと思います。サプリなら飲みすぎても大丈夫ですし、副作用の心配もありませんからね。

「頭痛予防 サプリメント」で探してみたところずきしらずの実というサプリがヒットしました。ハーブが主な成分になっているようです。

ずきしらずの実

北の快適工房

ずきしらずの実の効果と評判
ハーブで頭痛が予防できるのかなって気もしますが、セントジョーンズワートみたいに有名なハーブもありますのでバカにはできません。ちなみにセントジョーンズワートは西洋の弟切草と呼ばれる抗うつの効果があるハーブです。

サプリで頭痛が予防できるかは分かりませんが治ればラッキーくらいに考えるなら試してみる価値はありそうですね。一か月で頭痛薬を空にしてしまう、生活改善ではあまり効果が出なかった、頭痛が治るならなんでもチャレンジしてみたいという方は検討してみてはいかがでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket