頭痛予防対策 規則正しい生活を心掛ける

   2014/08/14

睡眠時間は頭痛に深く関係する

健康的な生活をおくっていますか?
頭痛に悩まされている方の多くは寝不足ぎみだといいます。
ついつい夜更かしをしてしまうものですが最低でも6時間は睡眠時間にあてましょう。
しかし眠りすぎるのもあまり良くなく、足りない睡眠を休日に取り返そうと8時間以上眠ってしまうと返って偏頭痛を引き起こす原因となってしまうので要注意です。
平日だろうと休日だろうと、生活パターンを変えないで済むのが無理のない生活と言えるでしょう。
頭痛に悩まされている時間ほど無駄な時間はありませんからね。

食生活も重要

毎日きちんと朝昼晩3回の食事をとっていますか?
朝は忙しくて食べる時間がないという人、中には昼も食べないという人がいます。
そのような食生活が健康に良いのだと言う人もいますが残念ながら頭痛予防の観点からはあまり良くないと言えるでしょう。
と言うのも、空腹になり血糖値が下がると頭痛が引き起こされる原因となるからです。
お腹が空いてきたなと思ったら軽くなにか食べるのが頭痛の予防となります。
しかし糖度の高いものを食べると今度は血糖値が急激に上がってしまうので注意が必要です。

栄養にも気を遣うと尚良い

一般には偏頭痛の人は細胞内のミトコンドリアの働きが悪い人が多いと言われています。
ちなみにミトコンドリアは細胞内で糖や脂肪を燃やしてエネルギーを生み出す働きをしています。

マグネシウムとビタミンB2にはそのミトコンドリアの働きを助ける作用があります。
マグネシウムを多く含む食べ物は米・みそ・ひじき・黒豆・のり、そしてビタミンB2を多く含む食べ物はレバー・大豆・卵・葉野菜、乳製品です。
普段の食生活にこれらの食品を上手に取り入れていくよう心がけましょう。

頭痛の予防には普段の積み重ねが肝心となってきます。
慣れ親しんだ生活を変えていくのは大変かもしれませんが頭痛のツラさに耐えるよりはきっと楽だろうと信じています。

薬に頼りたくない人は

頭痛の苦しみから逃れたいけど頭痛薬を飲みすぎるのも不安・・・、そんな方は頭痛予防のサプリメントを試してみてもいいかなと思います。サプリなら飲みすぎても大丈夫ですし、副作用の心配もありませんからね。

「頭痛予防 サプリメント」で探してみたところずきしらずの実というサプリがヒットしました。ハーブが主な成分になっているようです。

ずきしらずの実

北の快適工房

ずきしらずの実の効果と評判
ハーブで頭痛が予防できるのかなって気もしますが、セントジョーンズワートみたいに有名なハーブもありますのでバカにはできません。ちなみにセントジョーンズワートは西洋の弟切草と呼ばれる抗うつの効果があるハーブです。

サプリで頭痛が予防できるかは分かりませんが治ればラッキーくらいに考えるなら試してみる価値はありそうですね。一か月で頭痛薬を空にしてしまう、生活改善ではあまり効果が出なかった、頭痛が治るならなんでもチャレンジしてみたいという方は検討してみてはいかがでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket