デパス

   2013/11/17

やっぱりあった薬の効き目の違い

みなさんもご存知だと思いますが、最近では病院に行って薬をもらう際に、ジェネリックにしますか?というキーワードを頻繁に聞きます。

もちろん薬剤師の方は、効果はかわりませんし値段も若干安いのでこちらにしてもいいですよと・・・。そして、特に気にもせずジェネリックにしますが、はたして本当に同じもの?私は疑問に思います。

それは、肩こりがひどく病院でデパス(オリジナル品)を処方してもらっていましたが、別の病院でデパスを処方してもらった際、薬剤師の方に値段が安いデパスのジェネリック品でエチゾラムを勧められ変更しました。

その時は特に気にせず飲んでいましたが・・・。なんか効き目が遅いというか効いていないような感じがしてきました。

最初は、何度も飲んでいるので薬になれてしまったのかとあきらめていましたが、別の機会に病院でデパスを処方してもらって飲んだところ、やっぱり効き目がちがうというか、早い早い・・・。

飲んで5分から15分でほとんど効き目がでます。やっぱり何か違うのではないかと調べてみました。

瞬発力が違う

とりあえずエチカームを作っている薬品会社の添付文書を読んでみると、いくつかわかりました。薬を製造する際の添加物に微妙な違いがあること。そして、もう少し深く読んでみると答えがありました!

水にどれだけ溶出するかという溶出試験の項目で、標準品(デパス)とエチカームを比べた際、5分後に標準品は60%溶け出し、エチカームは45%と標準品は若干早く溶けます。15分後にはどちらも84%になり同じようになりますが・・

私なりの意見ですが、やはりデパスの方が瞬発力がある!だから効き目が早いのでは・・・。今までなんとなく体で感じていたものと、データが一致したような気がしました。これからは、処方されたときはデパスでいきたいと思います。

追記

別の機会に薬剤師の方に聞いたところ、人によっては効果の違いが現れる人もいてデパスだと効きすぎて眠くなるがジェネリックだとなりにくいなど事例があるそうです。

それで、眠気が強く出るのが嫌でジェネリックにする人もいるそうです。やはり自分の体に合うものを選ぶほうがいいとのことでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。