前頭部がズキンズキンと痛む

   2016/01/14

前頭部が痛む原因

前頭部に痛みを引き起こす原因にはいろいろあります。

  • 不規則な生活リズムやストレスで起きる偏頭痛
  • 首コリや肩コリで起きる緊張型頭痛/li>
  • くも膜下出血
  • 髄膜炎
  • 脳出血
  • 脳腫瘍

恐ろしい病名で驚かせてしまいましたが大抵の場合はただの頭痛なので安心してください
ただの頭痛と言っても前頭部の頭痛は吐き気を催したり痛みが強かったりと当事者にとっては結構キツイですよね。

痛み出してしまった以上、一瞬で治すのは難しいので安静にするのが一番です。少しでも痛みを和らげたいのなら原因が偏頭痛なのか緊張型頭痛を見極める必要があります。

偏頭痛かな?

偏頭痛の特徴は脈打つような痛みです。ドクンドクンと血が流れるたびにズキンズキンという強い痛みが起こります。これは拡張した血管が神経を刺激しているためです。

こめかみやうなじ周辺を抑えると血の流れが緩やかになり刺激が軽くなります。可能であれば静かな暗い部屋で安静にして血流を落ち着かせるのが良いですね。眼を閉じて瞼の上を軽く手で押さえるだけでも外部からの刺激が弱まります。

痛い部分を冷やすと気持ちいいですよ。偏頭痛は長時間痛みが治まらない事もあるので、痛みが酷い時は市販の鎮痛剤を飲むのが手っ取り早いかもしれません。

偏頭痛持ちの方は定期的に痛みに悩まされていると思うので、日頃の経験から長くなりそうかどうか判断してから対処法を考えると良いでしょう。

緊張型頭痛かな?

あまり頭痛を起こさない方や突発的に痛みだした場合は緊張型頭痛の可能性が高いです。締め付けられるような痛みや重たい感じになるのが特徴です。

緊張型頭痛は文字通り、身体のどこかが緊張しているために起こります。同じ姿勢を続けていたり変な体勢でいると筋肉が固まり血の巡りが悪くなってしまいます。

痛みが軽いうちにストレッチをしたり歩いたりすればすぐに治る事があります。立ち上がるのがツラいのであれば背筋を伸ばしたり腕を回したりして、なるべく楽な体勢で休んでおきましょう。

緊張型頭痛は偏頭痛に比べて予防対策をしておく事でほとんどの場合防ぐ事ができます。日頃から身体を動かすように心がけ、筋肉を解きほぐすように意識しておきましょう。

酷い痛みが慢性的に続くなら注意

前頭部とは前頭葉を指しており、脳の重大な疾患に繋がる可能性も十分にあります。脅しではなく、くも膜下出血や脳出血などの危険だって無いとは言えないのです。

このサイトを見る事ができるくらいの痛みなら心配しなくても良いかもしれません。しかし気を失ってしまうほど激痛を経験した場合はやはり一度、医者の診察を受けたほうが良いでしょう。

頭痛外来や脳神経外科に行けば専門的な検査を行ってくれます。心配しすぎという事はないので、少しでも不安があるようならば早期診察をおすすめします。

腕や足ならともかく脳の場合は何かあったら取り返しがつきません。なんでもないただの頭痛だったとしても、しっかりとした検査を受けてプロの方から明確な治療法を教えて貰えればそれだけで安心を得る事ができますからね。

頭痛への不安がさらに頭痛を引き起こして悪循環に陥る事もあります。病院は病気を治すだけではなく、不安を取り除く場所でもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket