左右どちらかのこめかみが痛い

   2015/12/08

偏頭痛の可能性あり

こめかみの部分がズキズキと脈打つように痛む時は偏頭痛の可能性があります。片側だけが痛むのが特徴ですが稀に両側が痛む場合もあります。

偏頭痛は『原因不明の頭痛』と言われていてはっきりとした原因は現在の医学でも分かっていません。一番有力とされているのは、脳血管を拡張するための痛みを引き起こす物質の作用で頭痛が起きるという説です。この物質は何らかのキッカケで頭部の周りにある三叉神経が刺激されて分泌されると言われています。

こめかみ周辺の血管が拡張されて、神経を圧迫したためにこめかみのあたりが痛みを感じます。血液が脈打つのに合わせて神経を刺激するためズキンズキン・ドクドク・ガンガンと一定のリズムになります。

症状が酷くなるとこめかみだけに留まらず痛みの範囲が広がります。特に太い血管が通っている目の周辺や後頭部のあたりは痛みが出やすく、さらに悪化すると頭全体が締め付けられるように痛みます。

偏頭痛は女性に多い?

偏頭痛の原因として女性ホルモンのエストロゲンが影響するという説もあります。実際に偏頭痛は女性に多く、成人女性の一割が悩まされているそうです。また生理の時に頭が痛くなる事があるのもそのためです。

偏頭痛は遺伝的な傾向が強いので母親が頭痛持ちだと、偏頭痛の頻度も増え日常生活に支障をきたす人もいます。

偏頭痛に効果のある薬

この症状に最も効果があるのはトリプタン製剤です。片頭痛にはトリプタン製剤(イミグランやナラトレックス)が非常に効果的ですが、症状が悪化してからでは効き辛くなってしまうため早めに飲むのが効果的です。

慢性的になっている方はズキズキと痛み出す兆候が見られたら手元に薬を準備しておくと良いでしょう。しかしこのトリプタン製剤は非常に高価な薬です。

一錠あたりの値段は約1000円となっており例え保険が適用されても3割負担で300円もします。経済的負担を考えると予防薬を服用して頭痛が起きづらい状態を維持しつつ、どうしてもキツい時に飲むようにして飲み続けるのは避けるようにしましょう。

偏頭痛頭痛の予防法

偏頭痛の予防薬としてはテラナスやミグシスなどがあります。

こういった予防薬は1カ月以上飲み続けないとあまり効果がないので、すぐに効かないからといって飲むのを止めずに根気よく続けましょう。

薬に頼らない予防法としては食生活の改善があります。ビタミンB2やマグネシウムは頭痛予防に効く栄養素として知られており、これらの栄養素が多く含まれている食品を積極的に摂取する事で手軽に予防できます。

ビタミンB2を多く含んでいる食品にはレバーやうなぎ、イクラなどが挙げられます。マグネシウムを多く含んでいる食品にはしらす干しや油揚げ、あさりなどが挙げられます。納豆はどちらの栄養素も多く含んでいるので嫌いでなければ頻繁に食べたほうが良いですね。

外食が多いとどうしても過剰に塩分や化学調味料を摂取してしまうなど頭痛を引き起こす原因となってしまいますので、なるべく栄養に気を遣った食事にしてさらに頭痛予防になる食品を加えていけば頭痛もかなり改善されるはずです。

偏頭痛の対処法

偏頭痛とはしっかりと予防対策を行っていてもその日の体調や精神面によって左右されてしまいやすい頭痛の一つです。薬を持っていない時に痛み出してしまった場合の対処法です。

ベストは明りのない暗く静かな部屋で横になって休むことです。学校や会社で痛む事が多いのなら事前に保健室が利用できないか調べておくと良いでしょう。

血管の膨張により痛みが引き起こされているので氷や濡らしたタオルで痛い箇所を冷やして血管を収縮させると痛みが軽くなります。カフェインが多く含まれているコーヒーや緑茶も効果があるので、販売機が置いてある場所なら冷たい缶で血管を冷やしてそのあと飲めばダブルの効果が得られますね。

どうしても席を立てないような状況なら、痛い方のこめかみを手で少し強めに押さえておくだけでも効き目があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. かみん より:

    初めまして。コメント残させていただきます。

    偏頭痛についての対策が分かりやすかったです。

    私も頭痛のブログを書いていますが
    とても勉強になりました。

    また、訪問させていただきますね(^-^)

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。