下を向くとこめかみが痛い

   2017/01/18

副鼻腔炎の症状はありませんか

下を向いた時にこめかみの辺りに痛みを感じた時、同時に鼻づまりや鼻水の症状が見られる場合は急性副鼻腔炎が考えられます。

細菌やウイルスを含んだ鼻水が副鼻腔に溜まって炎症を起こしてしまっている事が原因です。鼻水が出る風邪の時に頭が痛くなるのもこの炎症が原因となっている可能性が高いです。

膿を排出が重要

副鼻腔に溜まった膿を排出する事で頭痛も治まるので頭痛薬や鎮痛剤ではなく、膿を排出したり炎症を抑える薬、あるいは雑菌自体を消滅させる抗生物質を服用すると良いでしょう。膿排にはムコダインが効果的です。この薬は鼻水を出しやすくしたり鼻づまりを緩和させる作用があります。

軽い初期症状であれば炎症は自然に治まりますが心配な方は薬で抑えます。炎症を抑えるのであればチクナインが市販されています。細菌の影響で粘膜の弱まった鼻の奥の炎症を抑える効果があり、炎症を抑えることで痛みを軽減する事ができます。

チクナインの成分は辛夷清肺湯という漢方薬です。辛夷清肺湯とは蓄膿症に良いとされる9種類の生薬を合わせたもので、膿の排出を促す効果も持ち合わせているのでこちらのほうがおすすめです。しかし漢方薬は効果の薄い人もいるので自分に合うほうを選んだほうが良いでしょう。

チクナインはamazonでも販売しています。一般の薬局にも置いてあるのでお急ぎの方は近くの薬局まで走ったほうがいいかもしれません。

症状が酷いなら抗生物質

膿の排出や炎症を抑えるくらいでは治療が追いつかないほど菌が繁殖してしまっていたら抗生物質に頼るのがベストです。

しかし抗生物質は極々一部のものを除いては一般での市販はされていないため入手するには医師の診断を受けて処方してもらうのが確実です。理由は抗生物質は服用指示が細かいなど扱いが難しいためです。

例えば初回は2錠、その後は6時間おきに1錠ずつ飲む事を3日以上続けなければ効果が出ない等(錠数や回数は薬によって変わります)。

さらに必要以上に摂取しすぎてしまうと体内菌のバランスが崩壊して免疫力低下や、思わぬ副作用が発生してしまう恐れもあります。

なので市販の抗生物質にはアンピシリンジェネリックなどがありますが使用方法は徹底する必要があります。慎重な判断が迫られるため薬についてあまり詳しくなく身近に詳しい人もいないのであれば、耳鼻科や内科に行って抗生物質のクラビット錠などを処方してもらいましょう。

ちなみにクラビット錠は個人輸入代行のオオサカ堂でも購入できます。使用方法を十分に理解している方はこちらでお求めになってもいいでしょう。

クラビット錠(Cravit)250mg

副鼻腔炎の症状がないのなら…

髄膜炎の場合にも下を向くとこめかみのあたりが痛むという症状があります。髄膜炎は時間経過にあたり徐々に症状が悪化する、吐き気が起きるほどの激痛に襲われる、髄液鼻漏により鼻水や淡が甘く感じるといった特徴が見られます。

抗生物質の投与や輸液で治療するため1週間ほどの入院が必要になるほど病気なので市販薬による自己治療は難しいでしょう。

また無菌性と化膿性の2種類があり後者の場合はさらに重く、死亡率がおよそ30%と高く、完治したとしても後遺症が残る可能性があります。

化膿性の場合は風邪のような軽い症状から徐々に高熱や痙攣、意識障害などの重い症状へと変わっていくので少しでも心配と感じたらすぐに病院で診察を受けたほうが良いです。

同じ種類の頭痛でも鼻腔炎と髄膜炎では対処法が変わってきますので副症状などから判断して、改善の傾向が見られないようなら一度は病院で見て貰うのが安心で確実です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。